In the Rain

オランダ交換留学記。兼、ヨーロッパ旅行記。

Excelで数行を固定表示する方法

Excelで先頭行を固定するのは簡単なのですが、そういえば2行など、数行固定するのはどうやるのかな、と少し困ったことがありました。ネットにやり方は載っているのですが、いまいち分かりにくかったので解説します。

 

※以下はExcel2010での操作となっております。

 

行の固定

ちなみに横が行、縦が列ですね。何度言ってもどちらかわからなくなるのはどうしてか。今回は行の固定ですが、列でも同じことができます。

一行目を固定するだけであれば、

表示>ウィンドウ枠の固定>先頭行の固定

f:id:t-intherain:20160817081009p:plain

で簡単にできます。

 

f:id:t-intherain:20160817080516p:plain

 

スクロールすると

 

f:id:t-intherain:20160817080622p:plain

 

こういう感じ。

 

数行を固定する

こちらも難しいことはありません。

上のファイルで2行目までを固定したいとします。その場合、

3行目を選択(列3をクリックして列3全体を選択)

表示>ウィンドウ枠の固定>ウィンドウ枠の固定

f:id:t-intherain:20160817081024p:plain

をすることで2行目までが固定されます。

 

f:id:t-intherain:20160817081043p:plain

 

2行目までで固定されました。

 

 

まとめ

簡単じゃん!当たり前じゃん!という方も多いかと思いますが、誰かのお役に立てればと。最近趣旨を外れたことを書いてることが多い気もしますが備忘録として。インターンをしてるとちょっとしたことができなくてもたつくことが多いので、ExcelやPPTはちゃんと勉強をしておかなくてはと強く感じます。