In the Rain

オランダ交換留学記。兼、ヨーロッパ旅行記。

アポスティーユ付き戸籍謄本について

アポスティーユ認証付き戸籍謄本の取得、英訳についての説明記事になります。

情報は2016年4月のものとなりますのでご注意ください。

 

 

アポスティーユ認証付き戸籍謄本とは

アポスティーユ認証付き戸籍謄本とは、公的に証明されたものですよ、と日本国外務省のお墨付きを得た戸籍謄本のことを言います。これは日本語表記であるため、実際に外国で必要となる際には、認定を受けている機関での翻訳が必要となります。

オランダに留学する際には、

  • City Hall (市役所) への登録
  • オランダでのパスポート発行

等に必要となります。

 

英訳されたアポスティーユ認証付き戸籍謄本の取得方法

取得の手順は以下のようになります。

  1. 戸籍謄本入手@日本
  2. 外務省でアポスティーユをもらう@日本
  3. 在オランダ日本国大使館で翻訳申請@ハーグ
  4. 在オランダ日本国大使館で翻訳受け取り@ハーグ
  5. オランダ外務省に持っていきLegalization@ハーグ

 

戸籍謄本の取得

本籍地のある市区町村にて交付申請をしてください。この部分は特に問題はないかと。下宿等をしている大学生は注意が必要です。

 

外務省でアポスティーユ認証をしてもらう

郵送での申請、窓口での申請のどちらも可能です。詳しくはここから。

 

在オランダ日本国大使館にて翻訳申請を行う

アポスティーユ認証は言ってしまえばただのハンコなので、英文に翻訳する必要があります。これをハーグにある日本国大使館にて行います。

営業時間は平日の 09:00 ~ 12:30、13:30 ~ 16:00。受け取る際も同じです。

アクセスは以下より。Peace Palaceのそばにあります。

f:id:t-intherain:20160703024907p:plain

交通案内 : 在オランダ日本国大使館

 

在オランダ日本国大使館にて翻訳された戸籍謄本をもらう

⑤と同日に行うために、午前中、早めに行くことをお勧めします。

 

オランダ外務省にてLegalization

これは必要がない場合もあるそうですが、念のため。ただ問題が、このLegalizationを行うオフィスの営業時間が09:00 ~ 12:30であること。更に11:30までの提出でないとその日のうちに受け取れません。お役所仕事…。そのため、日本大使館には10:00くらいまでについておいたほうがよいでしょう。ちなみに、オランダ外務省ではなぜか待合ロビーでコーヒーがただで飲めます。アクセスは以下より。Den Haag Centraal駅のすぐそばにあります。

f:id:t-intherain:20160703024731p:plain

Contacting the Ministry of Foreign Affairs | Ministry of Foreign Affairs | Government.nl

 

オランダの公機関のHPに載ってる地図は全体的に見づらい…。GoogleMapで検索したほうが分かりやすいです。

 

 

このように英訳されたアポスティーユ認証付き戸籍謄本を手に入れるのはかなり面倒です。さらに、このアポスティーユ認証付き戸籍謄本City Hallの登録に必要になるのですが、交換留学生はほとんど行っていない始末。わかるよ面倒だし…。

City Hallの登録を行うとBSN Numberがもらえます。ABN Amro銀行で提示が求められたりと、このBSN Numberが必要となるとき(本来は税金等の手続きに必要となるようです)以外はCity Hallという言葉を耳にすることはまずないでしょう。地名はStadhuisですし。まわりの友達はほとんど登録していませんでした。もちろん、したほうがいいのは当たり前なのですが。